ノルバスクで血圧改善

ノルバスクの画像

当サイトでは、高血圧症治療薬「ノルバスク」の正しい服用方法と、飲んだ後に血圧の改善を行う効果効能についての説明と、特許が切れた後に販売される同一成分によるジェネリック医薬品に関する説明をしております。

Ca拮抗薬ノルバスクの効果効能とは

現代日本の国民病とも言うべき高血圧症は、放置しておくと、将来的に心臓や腎臓の重篤な疾病を引き起こす恐れがあり、速やかな治療が望まれます。
投薬治療として、一番最初に選択されるのは、ノルバスクです。
ノルバスクはCa拮抗薬に分類されています。
この系統は、安全性も高いこともあって、治療の現場では積極的に処方されています。
また、血糖や尿酸、脂質などに影響を与えることがありません。
年齢にかかわらず広く使用することができます。
とりわけ、合併症を抱えた高齢の人に適していると言えましょう。
ノルバスクの長期臨床試験の結果、予後改善効果、つまり、長生きする効果も認められています。
特徴としては、ゆっくりと効果をあらわし始め、作用時間が長く持続する、という点があります。
効果の持続が長いので、基本的には1日1回の服用で済むこともあって、管理がしやすいところも、高い評価を得ています。
ノルバスクの効果としては、心臓や体の血管を広げることで、血の流れを良くする、というのが代表的なものです。
血流が良くなると、血液の抵抗が減って、血圧が下がるのです。
また、心臓が収縮することを抑えますので、心臓の負担を軽くする作用も持っています。
高血圧や狭心症の治療に使われているのが一般的です。
それ以外にも、脳や腎臓、手足、目の網膜などと、身体のあらゆる部位の血流を改善しますので、実に多種の病気に適用されているのが実際です。
ノルバスクが効能を発揮するメカニズムとしては、次のようになっています。
カルシウムが血管の細胞に入ってきますと、血管が収縮して血圧が上がります。
ノルバスクは、カルシウムが細胞内に入ることにストップをかけます。
すると、血管が広がって、血圧が下がるのです。
この流れから、カルシウム拮抗薬と呼ばれているのです。

ノルバスクとノルバデックスの誤処方について

ほとんどのお薬を必要とされる方々は薬に対しての専門知識はありませんので、それに従ってしまうことがほとんどでしょう。また、医師の言ったことだから、間違いはないと思う方も多くいらっしゃることと思います。しかし、医師も薬剤師も人間ですので、間違いを起こすことがあります。
その一つの例として、ノルバスクとノルバデックスの誤処方があります。ノルバスクは血圧の薬、ノルバデックスは乳がんに用いる薬ですので、効果が全く違います。なぜ、このような間違いが起こってしまうのか説明しましょう。
医師が処方箋を書く際、最近は手書きではなくパソコンを用いることが多いのは病院に行かれて診察を受けたことがある方ならお分かりかと思います。その記載をする際に薬の名前を入力して選択することとなるのですが、世の中には似たような名前の薬が多くあるため、3文字以上を入力してから選択することが推奨されています。今回の例の場合、頭3文字は「ノルバ」で同じですので、両方とも候補として表示されます。また、薬には1錠当たりの含量(規格)が異なるものがあり、この時の医師はノルバスク10mgを処方しようとしていました。ノルバデックスにも10mgという錠剤が存在します。頭3文字を入力して、10mgの錠剤を間違いなく選んだのですが、それに該当するものが2種類あったのです。
さて、最近ジェネリック医薬品の名前が変わったとか長い名前のものが多いなと感じている方はいらっしゃいませんか。最近は入っている有効成分の名前と販売会社名を製品名とするようにしているのですが、以前は販売会社が名前を付けており、その名前は先発品に似たものにすることが多かったです。
この事例は、名前が似ており、医師がノルバデックスをノルバスクのジェネリック医薬品と思い込んだために起こったことですが、入力の時点で起こることが容易に想像できます。薬の名前について、改善が近年進んでいます。

ノルバスク服用後の体の変化について

ノルバスクは高血圧症と狭心症を治療する薬です。緩やかに効果が現れて通常は1日1回の服用です。現在では副作用が少ない薬剤が開発され継続して服用してもあまり心配がありません。ノルバスクを服薬中に服薬前と違う体の変化に気づきます。その変化は薬の効果により変化しているもの、および副作用により変化しているものの2種類に分かれます。薬の効果が現れ体調が良くなると今まで不快な症状だった頭痛やのぼせ感などがなくなり、仕事の効率が上がります。高血圧だけでなくコレステロールが高めで動脈硬化を医師から指摘されていた人は胸のあたりの重みや不快感も軽くなります。排尿もすっきりと出るようになります。反対に副作用で体が変化する場合、同じく頭痛が起こったり、動悸がする、また、ほてり感などが現れます。さらに頻尿でしょっちゅうトイレに通わなくてはならないし、歯ぐきの腫れや出血がみられます。副作用を放置しておくと肝機能障害による全身の倦怠感なども起こり日常生活も普通に送れない状態になります。注目すべきことはノルバスクの効果で体調が良くなった時も副作用で悪くなった時も同じ症状が起こることです。副作用の症状か見分けるには以前から同等の頭痛が起きていたのか、動悸は以前にはあったのか、歯ぐきの腫れは見てはっきりわかるのかなど自分でチェックできる部分もあります。自分でチェックできるのであれば注意深く自分自身を観察し、それでもわからない症状、例えば肝機能は血液検査でわかるのでかかりつけ医での定期的な検査、歯ぐきの腫れは歯科医を受診するなどまめに定期検診を受けることです。定期検診としっかり決められた量の薬を服薬することで高血圧や狭心症の症状が改善されます。決して自己判断することなく専門医の指示のもと服薬しましょう。