ノルバスクで血圧改善

ノルバスクの画像

当サイトでは、高血圧症治療薬「ノルバスク」の正しい服用方法と、飲んだ後に血圧の改善を行う効果効能についての説明と、特許が切れた後に販売される同一成分によるジェネリック医薬品に関する説明をしております。

血圧を下げるノルバスクの成分

いくつかある高血圧の治療薬の中でも、ノルバスクは世界的に有名な医薬品になります。多くの患者に対して処方されている高血圧治療薬で、日本でも1993年より認可を受けていることから、医療機関を受診すれば処方してもらえます。身体や心臓における血管を広げることで、血流を向上させる効果がある上に安全性も高いために、高血圧の症状が現れているときには第一選択薬として考えられています。ノルバスクに主成分として配合されているものは、アムロジピンとなります。アムロジピンはジヒドロピリジン系の、カルシウムチャネル拮抗薬に該当する医薬品です。カルシウムが血管壁の細胞内に侵入してしまったときには、血管を収縮させてしまうことから、血圧が上昇する原因になります。そのために高血圧を治療するためには、カルシウムが細胞内に侵入することを防ぐ必要性が出てくることから、カルシウムチャネル拮抗薬を服用することで、血管を拡張させることが治療法として有効と言えます。アムロジピンについては、他のカルシウム拮抗薬と同様に、狭心症や高血圧の症状を改善させるための治療薬に広く用いられている成分です。アムロジピンの半減期は他の医薬品に含まれている成分と比較したときに、長いことがわかっていますので、アムロジピンが配合されている薬であれば、1日あたりにつき1回の服用だけで、十分な効果を得ることが可能になります。また、他のカルシウムチャネル拮抗薬に含まれている成分と比べて、服用したときに頭痛や顔の紅潮などの副作用が発症しにくい点も、広く使われている要因であると考えられます。アムロジピンが配合されているノルバスクについては、半減期が35時間ほどとなります。服用してからゆっくりと時間をかけて効果が実感できるようになることから、すぐに血圧を下げたいときよりも時間的な余裕のある人向けの薬と言えます。

ノルバスクをお得に購入する方法

血圧の高い状況は長続きしてしまうことによって様々な危険にさらされることになります。血管、心臓、腎臓といった血圧の影響を受けやすい臓器にとって高血圧は大きな負担となることから、そのストレスがかかり続けることによって機能が変化してきてしまうリスクがあるからです。血管の場合には動脈硬化が起こり、心臓や腎臓の場合には心不全、腎不全といった合併症が起こってしまうことが知られるようになってきています。そのため、血圧が高い人に対しては降圧剤を利用して安心できる領域まで血圧を下げるということが基本的な治療として行われるようになっています。ノルバスクはその目的で最も利用されている降圧剤の一つであり、長い歴史があることから多くの医師が好んで処方するようになっています。高血圧治療における降圧剤の目的はあくまで対症療法であり、原因が取り除かれないかぎりは飲み続けることが必要になるため、患者にとっては費用負担が大きくなりがちです。ノルバスクは降圧剤の中では比較的安価な部類に入るものの、長期的に飲み続けるという視点に立つとできるだけお得に購入したいと考えるのが常でしょう。そういった際に役立つのが個人輸入であり、通販によって医師に処方してもらうよりも安く購入できるようになってきています。通販による購入では送料がかかってしまうということはデメリットになるものの、大量に購入することによってそれをまかなえるコストダウンが行えたり、送料無料で提供してもらったりすることができるようになっているのが現状です。ノルバスクのように頻用されている医薬品は価格の低下が著しく、個人輸入を行うとお得に購入できるようになっています。

ノルバスクを服用する上での注意

降圧剤であるノルバスクの作用機序は、血管を広げて血圧を下げます。カルシウム拮抗剤の代表的な薬です。通常は1日1回食後に服用します。血圧が下がりにくかったりしたときには、医師の判断により1日2回服用することもあります。ノルバスクを飲むさいは、水か白湯です。もしグレープフルーツジュースで服用してしまうと、効果が強くですぎて、ふらつきやめまいを生じることがあります。ただし、同じ柑橘類のミカンジュースやオレンジシュースで飲むには問題ないです。グレープフルーツだけに含まれている成分がわるさをするからです。欧米人は朝食にグレープフルーツジュースをよく飲むことからことがわかりました。日本人はグレープフルーツジュースで服用する習慣はないのでだいじょうぶですが、くれぐれも注意してください。1日1回服用となれば、朝食後が普通ですが、もし朝に飲み忘れた場合には、昼食後に服用してもいいです、。それでも昼に忘れた場合には、夕食後に飲むのではなく、翌日の朝食後に飲みましょう。夕食後飲んでしまうと、夜中に血圧が下がりやすくなるからです。寒い日は、血圧が上りやすいので、飲み忘れがないようにしましょう。飲み忘れを防ぐいちばんのいい方法は習慣づけることです。
習慣づける以外に最善の方法はないです。要は本人がしっかり服用するといった意識付けが大切です。血圧は日によって変動することがありますので、1日2回決まった時間に測ることが大切です。高血圧剤はたくさんの種類があります。自分のライフスタイル等に合った降圧剤を医師が選んでくれます。高血圧になると、いろいろな合併症を引き起こすことがありますので、まずは食事や運動療法につとめましょう。